FC2ブログ

港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

インフルエンザはどこからやって来るか?

コロナ禍のこの冬、インフルセンサの流行が怖いとかメディアでやっていますが、実際は昨年比で5%くらいと聞きます。

なぜでしょうか?

一つは手洗い、うがい、消毒を徹底しているからというのがあるでしょう。

しかしもっと大きな原因は、海外から、特に南半球や中国からの人の往来がほとんどないのでウイルスが国内に持ち込まれないのです。

季節が逆転し、北半球が冬になるとそれまで南半球で広まっていたウイルスが人の移動によって北へと広がってきます。

また元々カモのおなかにいたウイルスがカモ⇒アヒル⇒ブタ⇒ヒトと感染することも知られています。

しかし国内で生きたアヒル、ブタと接触することはほとんどないですよね。

ではどうして人に感染するのか?



発生源は中国なのです。

中国の内陸の農村部では同じ屋根の下にアヒルやブタと一緒に暮らしている貧しい人達がいます。

人獣共通感染症であるインフルエンザはこれらの農耕、、、もとい濃厚接触者たちが動物からウイルスをもらいヒトに感染を広げると言われています。

その昔、インフルエンザはA香港型とかロシア型とか言っていた記憶はありませんか?

中国は発生したヒトインフルエンザ、当時国内にウイルスを道程する能力がなかったため、近隣国である当時イギリス領の香港、またはロシアの検査機関でウイルスの道程が行われていたのでそう呼ばれていたのです。

中国からの人の往来がなけれれば、インフルエンザも国内には入ってきません。

さて、コロナはどこの国が発生源だったでしょうか?

そうです中国です。

感染症学の面からみてもリスクのある国ということです。
スポンサーサイト



| カラダのトリビア | 16:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/864-603d57dc

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>