港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【症例報告】シューズを変えて膝痛になった一例

クライアントは40代男性。

8kmのランを週2~3回のペースで行っていたが、膝の痛みを訴え来院。

ランの経験は1年程度。

痛みは膝関節と膝蓋骨周辺。

大腿四頭筋・ハムストリングの筋肉のスパズムをリリースすることで軽減した。

比較的初期段階で症状も消失していることから膝関節・軟骨部位へのダメージは最小限だったと思われる。



さて膝痛の原因だが、1カ月程前にシューズを履き替えたとのことでシューズを確認した。

シューズは上級者~レース仕様と思われるタイプ。

踵の減りが激しい。

ランニングシューズは一般的に上級者モデルの方がソールが薄い。

ソールが厚いと着地による衝撃が吸収されるが、同時にスピードを殺してしまう。

上級者ランナーは中足骨周辺で着地をして、そのエネルギーを推進力への変える。

この走り方が出来ていない初心者がソールの薄いシューズを履くとケガの原因になる。

初心者は膝の伸ばした状態で踵から着地する。

ソールが薄いとその衝撃が吸収されず膝関節に負担が掛かってしまう。

よって初心者用のシューズは膝への衝撃を和らげるためクッション性の高い厚いソールになっている。

本症例も踵の減りが激しいことから、初心者の走り方であったことが推測される。

着地の衝撃が膝の負担となり膝痛になったものである。



【+ひとこと】
ランニングシューズは上級者モデルのもの程高額です。

高いから良いものだという先入観で実力に合わないシューズを選んでしまうと今回のような事になってしまいます。

良心的なお店だとランナーとしての経歴と日頃どのくらい走っているかなど聞いて、レベルにあったシューズを勧めてくれますよ。

スポンサーサイト

| 足の痛み~ランナー編~ | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/540-5c2390e3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>