港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【症例報告】入浴で悪化した急性腰痛

クライアントは40代男性。

慢性的な腰痛で悩む腰痛持ち。

年2~3回のペースで急性腰痛、所謂ギックリ腰になるとのこと。

今回も軽作業の後、強い痛みに襲われた。

帰宅後痛みを和らげようと入浴。

しかし入浴中に症状が悪化して介助なしでは歩行できない状態になり電話で相談があった。

その日は安静にしてアイシングをするように指導し、翌日の来院となった。



家族が付き添い来院し、自力では歩行困難な状態であった。

施術まえの検査では、痛みのため腰が曲がり直立は不可、

屈曲・伸展・側屈すべての方向で可動域はほぼゼロの状態である。

起立筋・腰方形筋に筋スパズム(過緊張)を認めた。

SLR検査は陰性でヘルニアの疑いはない。

施術はアイシングをしながら、患部周辺の筋緊張の緩和と腰椎のアジャストを行った。

また大腿四頭筋・ハムストリング・臀筋に複数のトリガーポイントがありこれをリリースした。



術後、直立が可能となり、全ての方向で可動域が拡張した。

おそらく筋硬直が強く腰椎の前彎が消失していたが、腰椎のアジャスト(カイロプラクティック的手技)によりコレが回復したと思えわれる。

介助なしでの歩行も可能となった。

発症から50時間内での施術なので、血行促進による炎症物質の拡散が懸念される。

それによる揉み返しの可能性があるので自宅でのアイシングは継続してもらう。

2日後の再来時、揉み返しはあったが全体的にはラクになったとのこと。

痛みが完全に消失するまで集中して施術を受けるよう指導し、加療中である。



【+ひとこと】
今回のケースでは急性期で炎症が起こっているにも関わらず、入浴して血行を促進してしまいました。

結果、炎症物質が拡散し一時的に痛みが強くなってしまうことに。

そのため、自立歩行ができなくなりました。

慢性的な腰痛には入浴が効果的ですが、ギックリ腰の時は温めてはダメ。

冷やすのが基本です。

さらに言うと、年2~3回、ギックリ腰になるということはカラダはもう悲鳴を上げています。

定期的なカラダのお手入れが必要ですね。

スポンサーサイト

| 腰痛 | 11:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/535-7f6932fd

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>