港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【症例報告】出産直後に急性腰痛になった一例

クライアントは30代後半の女性。

第1子出産後、急性腰痛いわゆるギックリ腰で来院。

産後3日目位から腰に強い痛みを感じ退院前のX線検査で所見はなかったため筋・筋膜性腰痛と診断された。

退院時は歩行困難であったため車椅子での移動であった。

退院直後に電話での相談があり、アイシングを指導。

悪露も少ないとのことなで産後8日後に来院してもらった。

この段階では介助は必要なものの歩行できる状態であった。

ヘルニアを鑑別するSLRテストを行ったが陰性で、腰部・及び臀部に筋スパズムを認めたことから診断通り、筋・筋膜性腰痛と思われる。


施術は腰部・臀部のトリガーポイントをリリースし筋スパズムの解消と、腰椎、仙腸関節のアジャストを行った。

術後、痛みは軽減し関節の可動域も回復した。

この段階で介助なしの自立歩行が可能となった。

その後1カ月程定期的な施術で腰痛の症状は消失したため、その段階で骨盤位の評価を行い、産後の骨盤矯正へ移行した。

出産に伴って腰部の筋肉に損傷がおこり腰痛になるケースは少なくない。

産後直後は膣部や子宮を中心とした下腹部の痛みが強いため、腰痛はあまり気にならないが、それらの痛みが落ち着いてきた頃に顕在化する。

産後3~4日目に急に痛み出す。

産後2カ月で骨盤矯正を受けるので多少の痛みならそれまで放置される方もいるが、その間に腰痛が悪化してしまうこともある。

本症例のように急性期の痛みの場合はもちろんのこと、慢性的で鈍痛の場合も2カ月をまたずに施術を受けるべきである。

また本症例においては妊娠後期から腰部に違和感や痛みがあったとのことで、このような場合は出産時に悪化しないように出産前のケアが大切である。

37週を過ぎて正産期に入っていれば施術のリスクも少ない。



【+ひとこと】
妊娠中や産後直後、特に赤ちゃん連れでの治療院への通院は敷居が高いかもしれません。

事実、チェーン店やリラクゼーション店では施術を断られます。

当院はカイロプラクティックの専門的な技術を提供できる治療院です。

産前・産後のケアを得意としています。

また個人の治療院なので施術中は他の患者さんはいません。

お話にくい事でも安心してお話ください。

赤ちゃん連れや付添の方のご同伴も歓迎です。

スポンサーサイト

| 頭痛 | 11:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/532-e8e164ca

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>