港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【症例報告】産後の踵の痛み

クライアントは20代女性。

第1子出産後4カ月で産後の骨盤矯正で来院。

腰痛と踵の痛みを訴えていた。

踵の痛みは左右両方にあり、立ち上がる時に痛みが出るとのこと。

足底筋腱膜炎と思われる。



本症例は20代であるが、通常は筋力が弱った中年以降に発症するケースが多い。

本症例は妊娠期間中に切迫早産で長期間安静を強いられていた。

妊娠期間中は活動量が落ち筋力は低下の傾向にある。

加えて2~3カ月程安静で寝たきりに近い状態だったため筋肉の減少に拍車が掛かったと思われる。

さらに妊娠中の体重増加は+16kgと多く、産後4カ月の来院時点でも妊娠前と比べ+8kgであった。

弱った筋力でオーバーウエイト、これが腓腹筋(ふくらはぎ)や足底筋に負担を掛けたと考える。



施術前の検査の結果、これらの筋肉で異常な筋緊張を確認した。

施術は骨盤矯正・腰痛ケアの他に、下肢の筋肉ケアを重点的に行った。

術後、施術台から立ちあがる際に痛みはなく本人も驚くほどであった。

再発の可能性があるので骨盤周りのケアと合わせてその後数回来院してもらう。

痛みが再発することはあったがその程度と頻度は減少する傾向にあった。

再発を予防するには筋力UPと減量が必須となる。

特に減量は妊娠期間中から続く乱れた食習慣を正す必要があり、現在耳つぼダイエットに挑戦中である。



【+ひとこと】
妊娠中に体重増加が多いと産後に足腰のトラブルが多くなります。

今回のような足底筋腱膜炎の他に、膝の痛みを訴える方も多いようです。

産後のケア、ダイエットは是非当院にご相談ください。
スポンサーサイト

| 産後ケア・骨盤矯正 | 17:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/503-59464cf3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>