港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【症例報告】骨盤ベルトでO脚になった一例

クライアントは30代女性。

産後3カ月でO脚矯正及び産後の骨盤矯正で来院。

O脚は産後に酷くなったとのこと。

立位で膝のお皿が内側を向いていることから、股関節の内旋による姿勢的O脚で矯正が可能である。

骨盤位は伸展位に歪み左右の歪みも僅かに認められた。



産後、骨盤ベルトを連用していたとのことでコレがO脚が進行した原因と考える。

骨盤ベルトは産院で指示されたものではなく、自身で購入し装着していた。

本来、骨盤ベルトは恥骨結合をサポートするためのものである。

分娩時に恥骨乖離などになったケースでは助産師から着用の指示がある。

最近では通販などで簡単に手に入ることから、自己判断で着用している方が多いが、間違った使い方をしていまうと本症例のようにO脚を助長してしまう。

骨盤ベルトは股関節を締め付け固定していまうからだ。

妊婦生活で筋力が落ちている上に、ベルトで固定してしまうと筋肉は使われずさらに筋肉量が減少してしまう。

そうなると股関節が正常な位置で維持できなくなり内側に旋回してしまう。

また骨盤が歪んだ状態での装着は歪みを悪化させてしまうことがあるので注意が必要である。



産後3カ月ということで骨盤は初回の施術でほぼ矯正できた。

1週間後のチェックでもほとんど戻りはなく完了した。

O脚は5cm程の乖離があったが初回施術で2cmまで改善。

1週間後3cmまで戻したがその後数回の施術で1cm以下で安定している。

これは臨床的に膝を負担を考えるとほぼ問題な数値で正常域となる。



【+ひとこと】
産後、腰痛などで骨盤ベルトをされている方も多いと思います。

間違った使い方や連用は骨盤・股関節に悪影響を及ぼしますので専門家に相談しましょう。


スポンサーサイト

| 産後ケア・骨盤矯正 | 10:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/494-8debda48

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>