港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【症例報告】骨盤矯正を中断し急性腰痛となった一例

クライアントは40代の女性。

職業はダンスインストラクター。

第2子出産後4カ月で産後のケア・骨盤矯正で来院。

その時点で主だった症状はなく骨盤矯正をメインに施術。

施術前、骨盤位は伸展及び右上がりの歪みがあったが初回の施術で全て解消した。

40代・第2子ということで矯正された骨盤の戻し、すなわち矯正前の状態に戻る可能性があったので1週間後にそのチェックに来院の予定であった。

しかし予約はキャンセル、その後しばらく来院はなかった。



2カ月後、今度は急性腰痛、いわゆるギックリ腰で来院した。

右腰部に強い筋スパズムを認め、その影響か骨盤は右上がりに歪んでおり伸展も認められた。

骨盤位はほぼ元の歪みに戻っていた事になる。

2週間程の施術で腰痛は消失、現在は骨盤矯正に移行している。



一般的に年齢は高い方が、出産人数は多い方が骨盤が歪むリスクは高い。

初回の施術でほぼ完全に矯正できても1~2週間後にやや戻す傾向にある。

そのため1~2週間後に再来し戻しがないかチェックを行う。

戻しがあっても数回、同様の施術を行えば矯正位で落ち着いていく。

本症例はその過程を自己判断で怠ってしまったため、骨盤が再び歪んでしまった。

さらにその間に復職し、ダンスをはじめてしまったため腰痛に発展したと考えられる。



【+ひとこと】
当院の施術ではほとんどケースで初回の施術で骨盤はほぼ完全に矯正されます。

しかし高齢であったり、出産経験人数が多い症例では1週間程でやや戻す傾向にあります。

そのため1週間後の再来していただきチェックを行います。

今回の症例では自己判断で矯正を中断してしまったため歪みの再発から急性腰痛と発展しました。

自己判断は禁物です。
スポンサーサイト

| 骨盤矯正 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/481-3d345beb

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>