港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【症例報告】緊張型頭痛の受験生

患者18歳女性。

大学受験を控えた受験生。

2カ月程前より頻繁に頭痛があり、医療機関を受診。

画像診断では異常がなく緊張型頭痛と診断される。

カイロプラクティックを勧められて当院に来院した。

10分程机に向かっていると頭が痛くなってくるとのことだった。

頭痛は後頭部から側頭部にかけての痛みで、頭がパンパンに張れるような感覚とのこと。



検査の結果、頚部から肩、背部に筋肉群に過度の緊張を認め、頚部の可動域も制限されいた。

姿勢も悪く所謂「首猫背」の状態。

机に向かっていると頭痛になるのも、姿勢が原因と思われる。

思春期の女子の場合、側弯症の鑑別も行わなければならないが本症例では側弯は認められなかった。



施術は頚部~背部の筋緊張の緩和と姿勢に関与する腰部から臀部、太股の筋肉を整えた。

関節の手技は頚部・背部・腰部・仙腸関節について行った。

術後、頭痛が起こらなくなったとの事だか、再発防止とその原因となっている姿勢の矯正のため施術を行っている。

勉強の効率も上がったと本人も喜んでいた。

10代~20代前半の若年者の場合、肩こりを自覚しないケースも多い。

実際には極度の肩こりが原因で緊張型の頭痛が起こっているにも関わらず、治療院に来るまで分からないといったことが多い。



【+ひとこと】
センター試験も終わり、受験シーズン真っ只中。

机に向かっても集中できないのは肩こりのせいかもしれません。

ラストスパートする前に、カラダのお手入れを!


スポンサーサイト

| 頭痛 | 18:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/463-04e9f34b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>