港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

動脈硬化による足の痛み

動脈硬化によって足が痛くなることがあります。

下肢の動脈が硬化すると血流が滞り、下肢の筋肉に十分な酸素が供給されなくなることが原因です。

閉塞性動脈硬化症と言います。

最初は足のシビレや冷えといった軽微な症状です。

進行すると歩行時に足が痛くなる間歇性跛行がみられ、

やがて安静時にも痛みを感じるようになります。



動脈硬化になる原因は高血圧や糖尿病です。

一般的に間歇性跛行が出るほど下肢の動脈が硬化していると、

心臓や脳の動脈も同様に硬化しており、心筋梗塞や脳梗塞といった血管イベントのリスクが高くなります。

そう、命に関わる状態なのです。

10年後の生存率は5割とも言われています。



よって間歇性跛行はもちろんのこと冷えやシビレといった軽微な足の症状でも、初回の施術では高血圧や糖尿病などの基礎疾患の有無を確認しなければなりません。

カイロプラクティックのような手技療法の治療院にやってくる患者さんの中には、極度な病院嫌いの方がいらっしゃいます。

そういう方は健康診断で血圧や血糖に異常があっても治療していないことが多いのです。

血圧や血糖値が高くても初期の段階では自覚症状はほとんどないからです。

過去に数例、上記のようなケースで専門医の受診を勧めたことがあります。

施術によって痛みが改善しても、動脈硬化である可能性が捨てきれないからです。

スポンサーサイト

| 足の痛み | 14:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/419-3f4741f1

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>