港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【症例報告】吸引分娩した例での恥骨痛

患者は30歳女性。

第1子出産後2カ月で産後の骨盤矯正で来院。

恥骨周辺の痛みを訴えっていた。

出産は難産で最終的には吸引によって分娩した。

恥骨離開の傾向があったのか、産院で1カ月程骨盤ベルトを着用するよう指導があったとのこと。



整形外科的検査では、股関節を内旋させると恥部に痛みが出た。

常に痛みがあるわけでなく、動作開始時や特定の方向に足を動かした時などに痛みが出る。

以上の事から恥骨筋や内転筋からの関連痛を疑った。

これらの筋肉は恥骨と大腿骨をつなぐ筋繊維で、硬直すると恥部に痛みを感じる。




これらの筋肉が分布する大腿内側上部にトリガーポイントを認め、これをリリースする手技を行った。

合わせて骨盤の矯正も行っている。

術後、股関節内旋時の痛みは消失した。

1週間後の来院では、日常的に痛みを感じることはなくなったとのことだった。

恥骨の痛みは消失したが、骨盤の歪みが残っていたため、その後2回骨盤矯正で来院している。

恥骨痛の再発は認められない。



【+ひと言】
難産だったりや吸引を行ったケースでは、分娩時に恥骨に物理的ストレスがかかっています。

産後のお手入れは必須ですね。

スポンサーサイト

| 産後ケア・骨盤矯正 | 13:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/398-d4e8719a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>