港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【症例報告】妊娠中の頭痛

患者は妊娠6カ月の妊婦。

いわるる頭痛持ちで頭痛の症状は妊娠前から頻繁にあった。

普段は頭痛薬を常用しており、薬の服用で痛みはコントロール出来ていた。

妊娠が分かってからは、漢方薬に処方が切り替わったが漢方では痛みは改善されなかった。

紹介で当院に来院した。



頭痛は側頭部~後頭部に掛けての痛みで、時折前頭部のズキズキとする痛みを伴った。

前者は緊張型の頭痛で、首や肩こりに由来する頭痛と思われる。

片頭痛のようなズキズキは血管型の頭痛である。

一般的にカイロプラクティックが奏効するのは緊張型の頭痛であるが、施術により片頭痛が改善したケースも多く経験している。

これは、緊張型と血管型を併せ持ったケースであると考える。

また血管型の頭痛は血行不良が引き金になるので、筋緊張を緩和して血流を促すとことで発作を予防できる。



妊婦は腹臥位(うつ伏せ)での施術ができないので、主に座位での施術となる。

座位で頚部から上背部の筋緊張の緩和を行った。

頚部には頭痛の引き金となる筋硬直(トリガーポイント)を認め、施術によりリリースした。

本症例では背部~腰部に掛けても違和感を訴えていたので横臥位で施術を行った。

関節の手技は頚椎のみを行った。

施術後、頭痛は軽減した。

カイロプラクティックのような手技療法の特徴は、施術後すぐに効果が実感できることである。

また施術前の検査で首の可動域が制限されていたが、これも改善した。



【院長コメント】
妊婦さんの来院で一番多いのが頭痛です。

薬が飲めないので辛いそうです。

同様の理由で授乳中の方も多く来院します。

妊娠中の施術は体位や施術内容が制限されるので、通常の施術と異なりますが一定の効果は期待できます。

スポンサーサイト

| 頭痛 | 14:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/378-6b2f59bd

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>