港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

光線過敏症

消炎鎮痛剤の貼付薬、いわゆるシップ薬の副作用で光線過敏症というのがあります。

かゆみを伴う紅斑、発疹、刺激感が現れます。

最近、光線過敏症と皮膚科で診断された方が数名いました。

皮膚の炎症が酷く、施術が困難になってしまった方も。

足底筋腱膜炎やアキレス腱周囲炎で来院された方々でした。



紫外線の刺激がトリガーになるので、衣服で隠れる肩や腰部よりも露出頻度の多い手や足に好発します。

貼付直後よりもしばらくしてから炎症が起こることがあるのでそれと気が付かないことも。

どの成分でも起こり得るのですが、有名なのはケトプロフェン。

処方薬ではモーラステープが代表的です。

市販のものにも、ケトプロフェンを主成分にするものも多くありますね。

特に長期間貼り続けると、「張る⇒剥がす」をくり返すことで角質が薄くなり肌のトラブルも増えます。

シップ薬はドラックストアでも簡単に手に入りますが、乱用は良くないですね。



先週のお休みの日、陽気が良かったのでつい張り切って鎌倉までラン。

帰ってくると足底に痛みが・・・。

2日ほど、シップ薬を貼付しましたが、痛みが引いたらすぐに止めました。

内服薬に限らず、外用薬でも薬の使用は最小限にしてます。
スポンサーサイト

| 足の痛み | 15:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/335-007ca308

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>