港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

喫煙による血行障害

当院では定期的にメンテナンスで来院されている方が多くいらっしゃいます。

お付き合いが長くなると、カルテを見なくてもカラダに触れるだけでその人が今どんな状態か分かります。

最近、明らかに筋肉の状態・体質が変わったな~という方がいらっしゃいました。

以前はどこを触っても筋肉がガチガチだったのですが、触った感じが明らかに違います。

お話を伺うと最近、たばこを止めたとのこと。

本人も、肩こりや腰痛がラクになったと感じています。



喫煙による急性影響で循環障害というのがあります。

これはたばこに含まれるニコチンの作用により末梢血管が収縮する事で起こります。

末梢血管が収縮すると血行動態が悪くなり、肩こりや手足の冷え、シビレなどを引き起こします。

されにそういう状態が続けば、腰部などの大きな筋肉群にも影響してきます。



また筋肉が硬い方は内科的疾患をいくつも持っていることが多いように感じます。

疫学調査などのエビデンスはないですが、臨床家として日々感じます。

筋肉の血流が悪いということは、臓器への血流も良くないということ。

臓器の機能低下が起こり易く、様々な内科的疾患を引き起こすのでないでしょうか。

まさに百害あって一利なし。
スポンサーサイト

| カラダのトリビア | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/317-5d392c9f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>