港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ウイルスと細菌の違いは?

次女のお熱がやっと下がりました。

抗生物質が効いたか?自然治癒か?

抗生剤は咳が長引いていたので百日咳を疑っての処方でした。

百日咳は百日咳菌による細菌性の呼吸器感染症。

抗生物質は細菌には効果がありますが、ウイルスには効果がありません。

よってウイルス性の風邪で抗生剤が処方されることはないのです。

風邪で出されるお薬は風邪の症状を和らげるためのもので、風邪そのものを治すものではないのです。

苦しそうな子供の表情を見ていると一発で効く薬はないのかと思ってしますが、風邪の特効薬を発明すればノーベル賞ものと言われています。




でもウイルスと細菌ってどう違うのでしょう?

感染症の原因としては、ウイルス・細菌・真菌などがあります。

全部一色単にバイ菌と考えてしまいますが、それぞれ特徴があります。


細菌は抗生物質が効きます。

細菌は原核生物といって核膜(DNAを覆う膜)をもっていない原始的な細胞です。

さらに細胞壁をもっています。(動物の細胞には細胞壁はありません。)

これらが人体の細胞と大きく違うので、抗生物質で細菌だけを特異的に攻撃することができます。


ウイルスは細菌に100分の1程の大きさしかありません。

DNA(またはRNA)を簡単なタンパク質の膜で覆っただけのものです。

ヒトの細胞に寄生し増殖するので攻撃が難しいのです。

最近ではインフルエンザの抗ウイルス薬などが出てきていますが効果は限定的です。


真菌は白癬(水虫)やカンジタなどいわゆるカビです。

細菌よりちょっと高等で核膜をもつ真核生物。

細菌より頑丈な細胞壁をもっているので防御能力が高いんです。

抗真菌薬がありますが、治癒までには時間が掛かります。

水虫って頑固でなかなか治らないですもんね。


ちょっと予備知識があると、小児科の先生のお話もわかりやすくなると思います。
スポンサーサイト

| 子育て | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/218-3383423f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>