港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

出産の高齢化と産後の骨盤矯正

厚生労働省の発表した人口動態統計で、第1子出産時の母親の平均年齢が30.1歳と30歳を超えたました。

晩婚化、出産年齢の高齢化が進んでいます。

それに伴って需要が高まっているのが産後の骨盤矯正や母体のケアです。



かつてのように20代前半で出産をしていた頃はあまり気にしなくて良かった事かもしれません。

20代でまだ筋力がある場合、その筋肉がしっかりと骨盤を支えているので、産後もあまり歪むことはありませんでした。

しかし30代での出産では状況が異なってきます。

30代の衰えた筋肉では産後緩んだ骨盤を十分に支えられなくなってしまうのです。

つまり20代より30代での出産は骨盤が歪みやすいということです。



さらに昨今は病院側がトラブルを嫌って、ちょっとしたことでも安静を促します。

30~40年前は切迫気味でも子宮口を縫合して働いていた母親もいました。

そういう時代だったんですね。

今は少しでも切迫の兆候があれば、仕事や休むようになりました。

2~3カ月寝たきりの生活だったなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お腹の赤ちゃんにとってはそれが良いことなのですが、安静・寝たきりの生活は母体の筋肉を減弱させてしまいます。

さらに骨盤が歪みやすくなってしまうのです。

事実、産後の骨盤矯正にいらっしゃる方の中には、切迫気味で安静にしていたという方が多いように思います。

こういった時代の変化も産後の骨盤矯正の需要を高めている要因になっていると考えます。



横浜で産後の骨盤矯正は ⇒ 港南台の整体【さくやまカイロプラクティック】へ
スポンサーサイト

| 産後ケア・骨盤矯正 | 12:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/200-4fce5f6a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>