港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

頚椎ヘルニア

カテゴリーは「首の痛み」としたが、実際は指や手のシビレ・痛みといった症状を訴え頚椎ヘルニアと診断されることが多いです。

排尿障害などがある場合は手術が適応となりますが、そうでなければ保存療法。

いわゆる「様子をみましょう」ということになります。

牽引などのリハビリを受けることになりますが、あまり効果がないことも多いようです。

そういった方がカイロプラクティックを受診されます。



先日も2カ月牽引を続けたが全く変化がないということで来院された方がいました。

頚椎ヘルニアは脊髄の圧迫か神経根の圧迫か、またどの神経が圧迫を受けているかで病態は様々です。

しかしどのケースでも施術の方向性は変わりません。

その圧迫をリリースしてあげればよいのです。

そのために牽引は有効とされていますが、ではなぜ牽引しても改善しないのでしょうか。

頚椎ヘルニアがあるとその部位は筋緊張を伴います。

よってまずはこの筋緊張をリリースしてあげなければなりません。

緊張したまた(硬いまま)牽引してもあまり効果がないのです。

このステップ(筋緊張のリリース)を飛ばしてしまうとリハビリの効果も限定的。

しかし保険診療ではそこまでしてくれません。

そこで我々カイロプラクターの出番があるわけです。

先の方も2週間程でシビレが改善しました。

ひとり1人にあまり時間をかけられない、保険診療の限界ということですね。



スポンサーサイト

| 首の痛み | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/183-d75c06cb

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>