港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

皇后さまのご病気

皇后さまが首~腕にかけて痛みを訴え頚椎症性神経根症と診断されました。

被災地の訪問などでお疲れが溜まっていたのしょうか。

聞き慣れない病名ですが、広くは変形性頚椎症、さらに広くは頚肩腕(けいけんわん)症候群と言われるものです。

頚肩腕症候群は文字通り首~肩~腕にかけて痛みやシビレを呈するものを指します。

ヘルニアが原因の頚椎椎間板ヘルニアと老化による骨の変形が原因の変形性頚椎症とに分けられます。

頚肩腕症候群 ⇒
  • 頚椎椎間板ヘルニア(ヘルニアが原因)
  • 変形性頚椎症(老化による骨の変形が原因) ⇒☆

さらに変形性頚椎症はその病態から脊髄を圧迫する頚椎症性脊髄症、脊髄から出る枝にあたる神経根を圧迫する頚椎症性神経根症に分類されます。

☆⇒変形性頚椎症
  • 頚椎症性脊髄症(脊髄が圧迫されて起る。上肢・下肢の症状や膀胱直腸障害)
  • 頚椎症性神経根症(神経根が圧迫されて起る。症状は上肢のみ)

神経根によって皮膚感覚をつかさどる範囲が違うので、痛みやシビレの出る範囲からどの神経根が圧迫されているか判断することができます。

親指(C6)、人指し指と中指(C7)、薬指と小指(C8)はそれぞれ違う神経に支配さえているので例えば、C7の神経根が圧迫されれば、人指し指と中指に症状がでます。

もし手全体がシビレたり痛む場合は、神経由来の症状ではなく、前腕や肩の筋肉の緊張が原因とカイロプラクティックでは考えます。

この場合は肩から前腕にかけての筋緊張をリリースすることで容易に症状の改善が期待できます。

神経根圧迫からくる症状は、牽引や頚部の筋緊張の緩和で症状が改善することもありますが、酷い場合は専門医の受診をお勧めしています。
スポンサーサイト

| 首の痛み | 15:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/109-f7ae4178

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>