港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

朝と夜で違う身長

前回身長の話をしたので、もうひとつ。

朝と夜で身長が違うのはご存知でしょうか。

背骨と背骨の間には椎間板と呼ばれるスポンジ状の組織があります。

寝ている間に、この椎間板が水分を蓄え少し膨らみます。

背骨の関節は20個以上ありますので1つの椎間板が1mm膨らんだだけでも背骨全体で約2cm位伸びます。

立位や座位など起きている状態では、椎間板に上半身の体重が掛かるため、溜まった水分が絞り出され夕方には元に戻ります。

よって身長を測るなら朝が一番高いのです。

車を運転する方は朝、バックミラーの位置が昨日と違うなと感じたことはないでしょうか。

これは朝と夜で身長が違うのでそう感じるんです。



しかしこの膨らんだ状態の椎間板、厄介なことがあります。

ちょっとした衝撃でダメージを受けやすいのです。

ビニール袋にパンパンに物を詰めると破れやすいですよね。

それと同じ。

朝、ギックリ腰を起こしやすいのはこのためとも言われています。
(ギックリ腰の原因は椎間板でなく筋繊維のダメージという意見もありますが・・・。)
スポンサーサイト

| カラダのトリビア | 13:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://3980chiro.blog.fc2.com/tb.php/103-49266a15

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>