港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< 2011-11- | ARCHIVE-SELECT | 2012-01- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

12月30日~1月4日はお休みです。

12月30日~1月4日はお休みです。

1月5日(木)10:00より受付を開始します。

今年も一年間ありがとうございました。
スポンサーサイト

| お知らせ | 10:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

金沢動物園

 コアラが見たいと言うので、師走の寒い中金沢動物園へ。

人より動物の数のが多いのではと言うくらい、閑散としてました。


コアラ・・・
コアラ 
ほとんど動きません。

こんなにじっとしていて、筋肉は固くならないのでしょうか?


象の調教中に。
象の足 
見事なまでの偏平足。

人間だったらすごく疲れやすいと思うのですが。

ヒトの解剖学は動物には通用しないみたいです。

| 子育て | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ベイサイドのクリスマスツリー

ベイサイドマリーナ クリスマス 

昨日のお休みはクリスマスプレゼントを買いにベイサイドマリーナへ。

平日なのでガラガラでした。

| 子育て | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

足底筋腱膜炎

立ち上がろうと足を着くと踵に強い痛みを感じる足底筋腱膜炎

最近、この足底筋腱膜炎での来院が増えています。

患者さんの背景の共通点は中年であること、そしてランニングをしていること。

マラソンブームでランやジョグを日課にしている方が増えました。

鎌倉街道を歩いているとたくさんのランナーを見かけます。

筋肉が衰えてきている中年以降の方に、ランという強い負荷がかかるとやはりケガが増えます。

足底筋腱膜炎もその一つ。



カイロプラクティックの手技で腓腹筋~足底部の筋緊張をリリースし、必要によってはキネシオテーピングを施します。

そして重要なのがストレッチ。

普段しているストレッチを見せてもらうとキチンとできていないケースが多いです。

正しいストレッチは症状の治癒を早め、再発の予防にもなります。

当院ではキネシオテープやストレッチの指導も行っています。

是非ご相談ください。

| 足の痛み | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

湯たんぽ

湯たんぽ

我が家で使用している 湯たんぽ です。

4~5年前湯たんぽブーム?があったとき購入しました。

この湯たんぽはゴム製。

水枕をちょっと小さくしたような感じです。

ゴムは金属やプラスチックに比べ熱伝導率が低いのであまり熱くなりません。

お湯を入れた直後でも薄いカバー1枚で素手で持てます。

火傷の心配もありません。

熱伝導率が低いという事は冷めにくいという利点もあります。

朝湯たんぽのお湯で顔を洗うとちょうどよい温度です。

今年は節電の冬になります。

もう少し湯たんぽが注目されてもいいような気がします。



さてさてこの湯たんぽ、もう1つ優れているところがあります。

それは、柔らかいのでカラダにフィットしやすいのです。

足を置くと足が沈み込んでちょうどいい具合にホールドしてくれます。

足が温まったら肩口に置くと襟元の寒さ対策になります。

就寝時の肩の冷えは肩こりにつながります。

肩こりの人は試してみてください。

| 肩こり | 16:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

どんな人がカイロプラクティックを受けているの?

カイロプラクティックに来る方はどんな方が多いのですか?

よくいただく質問です。

当院の場合、男女でみると圧倒的に女性。

新規の患者さんの男女比は当院では2:8です。

年齢では30代が圧倒的。

30代を中心に20代~40代でほぼ9割を占めます。

一般の整体・カイロプラクティック院と比べると男女比も年齢層も片寄っているかもしれません。

骨盤矯正やO脚矯正・姿勢矯正などを行っていることと、

骨盤を含め産後のボディメンテナンスのコースがあるので、

子育て世代の女性が圧倒的に多くなっています。



女性の方が男性よりも健康・美容に対する意識は高いと思います。

女性は比較的軽症、ちょっと気になる程度でも来院されますが、

男性の場合「なんでこんなになるまで我慢していたの?」

というくらい重症化して来院することが多いと感じます。

この間いらした歯科医師の患者さんも同じことを言ってました。

毎日残業で病院なんか行く時間がないという方もいらっしゃると思います。

当院は土曜・日曜も営業しています!

| カイロ・整体 | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

歯と痛みと噛み合わせ

虫歯や歯肉炎でもないのに歯が痛い。

歯医者さんに行っても異常はありませんと言われてしまう。

このような経験はありませんか。



咀嚼をつかさどる咬筋の緊張が歯の痛みを引き起こすことがあります。

噛み合わせや噛み癖が悪いと一方の咬筋ばかりに負担がかかり、その咬筋が筋緊張を引き起こします。

この筋緊張が歯や関連痛をもらたすのです。

悪化すると顎関節や側頭部、首に痛みを感じることもあります。

また咬筋の緊張が口角を引き上げ、顔のバランスも崩れます。

鏡を見て鰓の張り方や唇の上がり具合に左右差はありませんか?



このようなケースでは咬筋の緊張をリリースすることで症状の改善が期待できます。

ほんの数分、咬筋のトリガーポイントの施術するだけで驚くほど違いが出ることも。

但し、噛み合わせが酷い場合は症状の改善は一時的な場合もあります。

すぐに再発するようなら噛み合わせの治療をお勧めします。

| 首の痛み | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

津波ハザードマップ

神奈川の津波のハザードマップ「津波浸水予想図」が公表されました。

鎌倉で最大14.4m、大仏さまや八幡宮二の鳥居くらいまで。

横浜駅周辺でも5mだそうです。

震災直後は港南台に津波は来るのか心配していた方もいらしっやいました。

それはありえないのですが心配なる気持ちはわかります。



港南台は駅周辺で標高47mもあります。

大雨の時水の出る、当院裏の清水橋郵便局前でも28m。

港南台駅は分水嶺をはさんで東京湾側に面しています。

この付近の分水嶺は港南区と栄区の区境とほぼ一致し、ここは昔の武相国境。

水の分け目が国の分け目だったわけです。

これより港南区側に降った雨は日野川⇒大岡川⇒東京湾と流れます。

栄区側に降った雨はいたち川⇒柏尾川⇒相模湾と流れます。

相模湾からどんな大津波が来ても分水嶺を越えてくることは考え難く、東京湾側は湾の構造から大津波は起きないとされています。

よって港南台に津波は来ないと結論できるのではないでしょうか。

地盤も固いし、災害に強い街かもしれません。

| 港南台 | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

寒さと肩こり

昨日は冷たい雨の日でした。

寒さで肩をすぼめて歩いている姿を多く見かけました。

この方をすぼめる姿勢、肩に力が入ってしまいます。

そう、肩こりの原因になります。

就寝時も無意識にそんな姿勢をとってないでしょうか。

外出時は仕方ないにしても、就寝時はちょっとした工夫で寒さ対策を。

「バスタオルを羽織って寝る。」

これだけでもかなり違います。

肩こりが酷くなると頭痛や手のシビレなどの原因となります。

お早目のお手入れを。

| 肩こり | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

腰椎圧迫骨折

腰痛のメンテナンスで来院している方の話です。

月1回くらいのペースでいらしていて、腰痛の症状も落ち着いて辛くなることはここ1年位ありませんでした。

ある日急に腰が痛みだし、いつもの痛みと違うと感じたそうです。

安静時、痛みはないのですが、特定の動作で強烈な痛みがでます。

70代の女性で痛む場所は腰の上の方。

本人はしばらく様子を見るとおっしゃっていたのですが、腰椎の圧迫骨折を疑い病院へ行くことを勧めました。

後日お電話があってやはり腰椎圧迫骨折だったそうです。



「腰痛圧迫骨折」  骨密度が低下して起こる骨折です。

腰椎上部(腰椎1番やすぐ上の胸椎12番)が骨折しやすいと言われています。

閉経後の女性はホルモンの影響で骨密度が低下します。

骨粗鬆症でなくても年相応の骨密度なら誰にでも起こり得る骨折です。

転倒したりしなくても、日常の些細な動作で骨折してしまうこともあります。

コルセットなどの着用が必要な場合もありますので病院を受診しましょう。

| 腰痛 | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>