港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

<< 2011-08- | ARCHIVE-SELECT | 2011-10- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

10月1日(土)はお休みします。

10月1日(土)は都合によりお休みします。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

2日(日)は通常通り10:00より受け付けますが、すでに予約が埋まっておりますので時間外(17:00以降)で対応します。
スポンサーサイト

| お知らせ | 10:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

開帳足

足のトラブルで来院する人に多いのが開帳足の人。

開帳足ってなあに? と思った方もいるかと思います。

いわゆる横アーチがない、横の扁平足と言うと分かりやすいかと思います。

足の指の付け根、人指し指から中指付近にタコができていれば開帳足です。



通常この指の付け根の部分は緩やかなアーチになっています。

中指付近はアーチの頂上になるので通常、地面と接地しません。

ところが外反母趾の人は親指の付け根が外側に貼り出すため、このアーチがつぶれて平らになりやすいんです。

平らになると中指付近は地面と接地し、かつそこに体重が掛かるのでタコになります。



アーチの役割は衝撃の吸収。

よってアーチがないと着地時の衝撃が足全体にかかり、脛やふくらはぎ、膝などの負担となるので足のトラブルが増えます。

偏平足だと気にされる方が多いのですが、この開帳足は以外とみなさん無関心。

足底筋を鍛えることである程度は改善するとも言われています。

| 足の痛み | 17:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

脛の痛み

台風の日、電車が止まっていたので歩いて帰ったという方が脛(すね)の痛みで来院しました。

脛の痛みでシンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)というのがあります。

いわゆる前脛骨筋のオーバーワークによる疲労からくる痛み。

鈍い痛みですが安静時にはあまり痛みません。

軽度ならアイシングなどで改善することもあります。

ランナーに多いのですが、普段あまり運動しない人がウォーキングを始めてなることもあります。

ダイエットのためにウォーキングを始めたら痛みだしたという方もいました。



今回の症例も多分そうではないかと。

前脛骨筋の緊張をリリースすることで症状の改善が見られました。

ストレッチをご紹介して、しばらくは安静にしてあまり長い距離は歩かない方がいいとお伝えしました。

革靴でアスファルトの上を何時間も歩けば無理もないかと思います。



3月11日の震災の時も歩いて帰った方がいらしたと思います。

備えとして、履き慣れたスニーカーやウォーキングシューズを会社に置いておくのはどうでしょう?

| 足の痛み | 16:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

台風15号

すごい風と雨ですね。

こんなにすごいのは久しぶり。

港南台は電車も止まってしまいました。

足が速い台風ですが、油断は禁物。

気をつけましょう。

| 未分類 | 16:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

健康への投資

誰の言葉か定かではないのですが、こんな言葉があります。

「病気のために使うお金は浪費、健康のために使うお金は投資である。」

病気で治療費を払うのではなく、病気にならないように予防にお金を使うということ。



これを地で行く方がいらっしゃいます。

最近喜寿を迎えられたんですが、ホントに元気。

病院には眼科以外掛かってないそうで、薬やサプリなども飲んでいないそうです。

元気の秘訣はと聞くと「ヨガとカイロ」とおっしゃいます。

ヨガをやっているのでカラダはホントに柔らかいです。

さして悪い所もないのですが、カラダのメンテナンスで定期的に施術にいらしています。

カラダが柔らかいと全身の血流もよくなり、臓器の機能も維持できます。

一方カラダの硬い人は全身の血流が悪く、臓器も血行不良を引き起こし、その機能も低下します。

病気になりやすいのです。

ヨガ教室の月謝と月の1~2回のカイロの施術。

月1万円ちょっとの投資で健康を維持しているという事ですね。

| アンチエイジング | 17:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

サプリメントは必要か?【その2】

サプリメントのCMを見ていると画面の下隅に「個人の感想です」と出てきます。

医薬品のようにエビデンス(科学的根拠)がないのです。

本当に効果のあるものであれば、「サプリ」ではなく「クスリ」としてとっくに保険適応となっています。

そのあたりを理解して服用しなければなりません。



サプリの質問を受ける方で多いのがひざの痛みで苦しんでいる方。

確かに、膝の痛みに効く?と謳ったサプリのCMをよく見ます。

例えばヒアルロン酸

ヒアルロン酸自体は唾液や膵液に含まれる消化酵素(アミラーゼ)によって容易に分解されてしまいます。

仮に分解されなくても、分子量が大きくそのままでは腸管から吸収できません。

飲んだヒアルロン酸が都合よくそのまま膝軟骨に行くとは考えられないのです。



最近ではその矛盾を払拭するため、

「低分子構造にしたので吸収されやすくなりました。」

と、宣伝されています。

高校で化学をかじった方ならお分かりかと思います。

低分子にした時点でそれはもうヒアルロン酸ではありません。
 


「どんなサプリメントを飲んだらよいか?」

やっぱり答えは「必要ない」です。



関連記事 ⇒ サプリメントは必要か?

| カラダのトリビア | 16:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

キャラチョコに挑戦

誕生日の手作りケーキです。

アンパンマンのキャラチョコ作りに挑戦。
キャラチョコ 
ママの力作です。(パパもちょっと手伝いました。)

昨日は手作りケーキ持参で、じじとばばのお家へ。
2歳になりました~ 
2歳になりました~。

| 子育て | 16:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

皇后さまのご病気

皇后さまが首~腕にかけて痛みを訴え頚椎症性神経根症と診断されました。

被災地の訪問などでお疲れが溜まっていたのしょうか。

聞き慣れない病名ですが、広くは変形性頚椎症、さらに広くは頚肩腕(けいけんわん)症候群と言われるものです。

頚肩腕症候群は文字通り首~肩~腕にかけて痛みやシビレを呈するものを指します。

ヘルニアが原因の頚椎椎間板ヘルニアと老化による骨の変形が原因の変形性頚椎症とに分けられます。

頚肩腕症候群 ⇒
  • 頚椎椎間板ヘルニア(ヘルニアが原因)
  • 変形性頚椎症(老化による骨の変形が原因) ⇒☆

さらに変形性頚椎症はその病態から脊髄を圧迫する頚椎症性脊髄症、脊髄から出る枝にあたる神経根を圧迫する頚椎症性神経根症に分類されます。

☆⇒変形性頚椎症
  • 頚椎症性脊髄症(脊髄が圧迫されて起る。上肢・下肢の症状や膀胱直腸障害)
  • 頚椎症性神経根症(神経根が圧迫されて起る。症状は上肢のみ)

神経根によって皮膚感覚をつかさどる範囲が違うので、痛みやシビレの出る範囲からどの神経根が圧迫されているか判断することができます。

親指(C6)、人指し指と中指(C7)、薬指と小指(C8)はそれぞれ違う神経に支配さえているので例えば、C7の神経根が圧迫されれば、人指し指と中指に症状がでます。

もし手全体がシビレたり痛む場合は、神経由来の症状ではなく、前腕や肩の筋肉の緊張が原因とカイロプラクティックでは考えます。

この場合は肩から前腕にかけての筋緊張をリリースすることで容易に症状の改善が期待できます。

神経根圧迫からくる症状は、牽引や頚部の筋緊張の緩和で症状が改善することもありますが、酷い場合は専門医の受診をお勧めしています。

| 首の痛み | 15:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

サプリメントは必要か?

「どんなサプリメントを飲んだらよいか?」という質問をよく受けます。

私の答えは「バランスの良い食事をとっていれば必要ない」です。

肩こりや腰痛、ひざの痛みに特効薬的なサプリメントはありません。

少なくとも現代の日本人の食生活であればよっぽどの偏食でない限り、足りない栄養素はないと思います。

むしろ偏食を直した方がいいわけです。



よくレモン1000個分とかブルベリー何百粒、ごま何千粒分の何とかいいますね。

でも、それって明らかに取り過ぎではないでしょうか。

普通はそんなに食べないですもんね。

いくらたくさん入っていても、体内に取り込まれるのはその一部。

残りはすべて排泄されてしまいます。

そのまま糞中に出る以外に肝臓や腎臓で代謝を受けるわけですが、これにより肝臓や腎臓に負担が掛かってしまいます。

サプリメントの取り過ぎで肝臓や腎臓を悪くしてしまったという人もいます。



最近話題になったのは、「高濃度茶カテキン」。

海外では高濃度茶カテキンのサプリで肝障害が報告されており、販売禁止になっている国もあります。

国内では報告がない?のかメーカーは対応していません。

高齢者や肝機能の低下した人への注意喚起くらいはあってもよいのですが・・・。

たとえカラダに良いとされている成分でも高濃度のものを長期間服用するのはカラダによくないということです。

病み上がりや口内炎など一時的にビタミン剤などを服用するのは良いですが、長期間の連用は避け必要最小限にするのがサプリメントの望ましい使い方だと思います。

| カラダのトリビア | 17:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

産後の尾骨痛

産後の骨盤矯正で来院される方の中には、

座位や背臥位(仰向け)で尾骨が当たって痛いという方がいます。



尾骨は小さい頃は5つのパーツに分かれていますが、

成長とともにくっついて1つの骨になります。

くっつき方によって尾骨の形状は個人差があり、

曲がったり丸まったりしている方もいます。

また出産直後は骨盤が緩いので歪み易いと言われています。



骨盤の歪み具合や尾骨の形状などのによっては、

座ったり、寝たりしている時に尾骨が当たるようになるのではないでしょうか。

骨盤矯正によって、痛みがなくなったという方が多いです。

| 尾骨痛 | 10:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>