港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【症例報告】再発後さらに悪化した臀部の痛み

クライアントは30代男性。

臀部が痛み、座っていられないと訴え来院。

痛みは10年程前からあり、その悪化に伴い日常生活、仕事に支障をきたすようになったとのこと。

病院で診断を受けたことはなく、クイックマッサージやリラクゼーション等でその場凌ぎをしていた。

悪化後はマッサージを受けても全く効果がないため、他の治療を求めて当院に来院した。



本症例は画像診断を受けていないため、ヘルニアの鑑別が重要になってくる。

幸いSLRテスト(ヘルニア)は陰性であった。

陽性の場合、腰椎の関節手技は禁忌となる。

一般にはヘルニアによる坐骨神経痛と診断されてしまうが、SLRテスト陰性であることから梨状筋症候群を疑う。

施術前に検査で、臀筋全般と梨状筋に異常な筋緊張、トリガーポイントが確認された。

梨状筋の過緊張が直下の坐骨神経を圧迫し、坐骨神経痛様の症状を呈する梨状筋症候群と判断する。



施術は臀部を中心に腰部、ハムストリングのトリガーポイントのリリースを行った。

腰椎への関節手技は極度の肥満のため行っていない。

術後、痛みは軽減し座位、歩行がラクになった。

梨状筋症候群は完治するのが難しく、治療開始時は短期集中の施術が必要なる。

その旨をお話するも、その後多忙を理由に来院がなかった。



再来は2週間後であった。

症状はさらに悪化し仕事に行けない状態だった。

(以下本人談)「前回の施術後、ウソのように痛みがなくなり油断をしていた。調子に乗っていつもよりもハードなスケジュールで無理をしていたら突然痛み出した。」

その後、集中して施術を行うも、仕事に復帰するまで3週間程掛かってしまった。



【+ひとこと】
30代~40代の男性は仕事優先で、治療、施術を後回しにしてしまう傾向があります。

少し良くなると治療を止めてしまうのです。

これは、我々手技療法家のみならず医療関係者も同様のことを言います。

しかし結果として、仕事や休まなくてはならないのでは意味がありません。

働き過ぎは禁物です。

坐骨神経痛・お尻の痛みなら ⇒ 港南台の整体【さくやまカイロプラクティック】
スポンサーサイト

| 坐骨神経痛 | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【症例報告】30フィットネスで坐骨神経痛になった一例

クライアントは60代女性。

30分フィットネスに通い始め、一カ月程で腰に痛みを感じる。

その後、痛みは臀部からハムストリング、ふくらはぎまで達した。

医療機関を受診したところ、画像診断で第4-5腰椎間の椎間板に異常を認め坐骨神経痛と診断された。

年齢相応の状態ということで、リハビリ通院となった。

2カ月程継続したが症状の改善はなく、その後マッサージや電気治療を行うも変化がなく当院に来院した。



坐骨神経痛と診断されているがこうようなケースは臀部の梨状筋の過緊張による梨状筋症候群のことが多い。

画像診断では筋肉の状態は考慮されないので見落とされてしまう。

原因は腰椎ではなく臀部の筋肉にあるということだ。

その場合、カイロプラクティックの施術は奏効する。

本症例でも臀部梨状筋に筋スパズムを認めた。

腰部から下肢全体に筋緊張があり、施術は腰部~下肢の筋緊張の緩和と腰部の関節の手技を行った。

初回の施術で歩行時の痛みはなくなり、3日後の再来時、日常生活は劇的に改善したとのことだった。

その後、3~4日置きに施術を行い2週間ほどで症状は消失した。



近年、30分フィットネスの増加に伴い同様の相談が増えている。

今まで運動していなかった人がいきなり運動を始めたり、運動の強度がその人に合っていないことなどが原因と考えられる。



【+ひとこと】
30分フィットネスの顧客層は60代を中心に40代~70代と言われています。

サーキットトレーニングと言われ、全員がほぼ同じメニューを繰り返すトレーニングを行います。

では50歳の人と70歳人が同じメニューで良いのでしょうか?

始めたばかりの人と経験者が同じメニューで良いのでしょうか?

ケガをしないためにはトレーニングを始める前、あるいは並行してカイロプラクティックでカラダのメンテナンスしましょう。

| 坐骨神経痛 | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【症例報告】ドクターショッピングで悪化した坐骨神経痛

クライアントは50代女性。

半年ほど前、坐骨神経痛様の症状で医療機関を受診。

診断と治療に納得がいかず、複数の医療機関を立て続けに受診するがどこでも同じような診断であった。

所謂ドクターショッピングである。

その後、手技療法の治療院も幾つか受診しているが的を得た治療ではなく症状は悪化していった。

当院へは紹介で来院した。



画像診断は年齢相応の椎間板の変性は認めらたが、ヘルニアなどの異常所見はなかったとのこと。

よってどの医療機関でも鎮痛剤の処方とリハビリの通院が指示されたが継続しなかった。

治療院も1~2回で通院を止めている。

ドクターショッピングをする患者の特徴として短期間で結果を求める傾向がある。

これは治療を提供する側にも問題がある。

坐骨神経痛は治癒まで時間が掛かることが多いので、

その旨の説明が不十分だと「この治療は効かない」と思われてしまう。

1~2回の通院で完治することはないということ、

しかし施術で何らかの変化・改善が感じられれば、施術方針は正しいので継続すれば治癒に向かうことを説明し施術を行った。



画像所見がないことから原因は腰椎ではなく臀部の梨状筋症候群を疑う。

触診で臀部梨状筋とその周辺にトリガーポイントを認めた。

施術はこのトリガーポイントとリリースと念のため腰部の筋緊張緩和と関節のアジャストを行った。

術前と術後で下半身の可動域と動作時の痛みを比較すると改善が確認できた。

本人も施術に納得したようで、その後1カ月ほど通院、日常での痛み・症状は消失した。

現在は月1回のペースでメンテナンスに通院している。



【+ひとこと】
どんな治療も継続することが大切。

これはと思った治療院・先生に出会ったら一定期間継続して治療を受けそのうえでジャッチをしましょう!

| 坐骨神経痛 | 17:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

お尻が痛い!

お尻が痛い!

そんな方はいませんか?

● お尻が痛い・疼く。
● 長時間座っていられないのでデスクワーク・くるまの運転が辛い。
● 夜寝れない。
● 病院では坐骨神経痛と診断され、リハビリを続けたがよくならない。

それは梨状筋の炎症かもしれません。

梨状筋は骨盤の仙骨と大腿骨をつなぐお尻の筋肉。

股関節を外旋させる働きをする筋肉ですが、疲労やオーバーワークで炎症を起こします。

直下に坐骨神経があり、神経が刺激されると坐骨神経痛と似た症状がでます。

病院では患部であるお尻に指一本触れずに診断がつくため見落とされがちです。

筋肉とトラブルなので、筋緊張をリリースすることで症状は改善します。

2~3カ月リハビリに通院して効果がなかった方でも、初回の施術で改善が実感できます。

● ランニングやウォーキングをしている方、
● 肥満気味の方、
● 立ち仕事の方、
● 産後で筋力が弱った方

がお尻の痛みで多く来院されています。

放置すると悪化しどんどん痛みは酷くなることもあります。

治療を始めても治癒までの期間が長くなってしまいますので、早めの対応が大切です。

お尻の痛みでお悩みの方、是非当カイロプラクティック院にご相談ください。

| 坐骨神経痛 | 10:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【症例報告】登山後に発症した臀部・ハムストリングの疼痛

患者は山登りが趣味の50代女性。

日帰り登山で下山直後、右の臀部から腿裏(ハムストリング)にかけて強い痛みに襲われる。

帰りの電車は痛くて座っていられない程だった。

翌日の来院時は少し痛みは治まったものの、起床時は痛みが強かったとのこと。



検査の結果、右臀部、ハムストリング、腸脛靱帯周辺・大腿四頭筋に筋硬直とトリガーポイントを認めた。
(トリガーポイント: 痛みの原因となる筋硬直)

SLRテストは陰性でヘルニアの疑いはない。

施術により右臀部~下肢にかけて、筋緊張とトリガーポイントをリリース。

左についても同様の施術を行った。

左側も患側ほとではないが筋緊張を認めた。

術後、痛みは消失し歩行などの動作もスムーズになった。

今回のケースは登山による筋肉疲労がもたらした一時的な痛みであったので施術が奏効した。

しかし筋緊張を放置すると慢性的な症状となり、坐骨神経痛と診断されてしまうこともある。

カイロプラクターの視点から見れば、梨状筋症候群と判断する。



昨今の登山ブームで下山後の足・腰のトラブルも増加している。

特に高齢なほど顕著だ。

臀部やハムストリングの痛みに他、鼠径部痛や膝の痛みを訴えるケースも多い。

登山の際は準備運動と下山後のストレッチを念入りに行うことを勧める。



【+ひとこと】
出発前に準備運動をしている人は良く見かけます。

しかし、下山後にストレッチをしている方はあまり見かけませんね。

登山もスポーツ同様、アフターケアーが大切。

温泉に直行する前に、まずはストレッチ!

| 坐骨神経痛 | 17:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>