FC2ブログ

港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【夏休み・部活】体幹を整えてパフォーマンスUP!

もうすぐ夏休み。

部活やスポーツをしている人はこの時期の練習で成長します。

しかし、同時にケガも多い時期。

ケガをすると普通は保険診療で治療をします。

しかし、保険で見てもらえるのはあくまでケガした部分のみ。

そして電器治療程度では治療成績もあまりよくありません。



カイロプラクティックが一般の医療として扱われている欧米では、アスリートのケアもカイロプラクターが行います。

カイロプラクティックの特徴は筋肉と骨格のバランスを整えて自然治癒力を高めるます。

そしてケガの回復だけでなく、バランスの整った体幹は、時にアスリートのパフォーマンスUPにつながります。

一流のアスリートは特にケガがなくても、疲労した筋肉のケアと体幹を整えるためカイロプラクティックを取り入れています。

海外生活を経験している親御さんなどはこのことをよく知っており、スポーツでのパフォーマンスUP、記録更新のためにお子さんを連れてカイロプラクティック院にいらっしゃいます。

当院での実績では、テニス、バレエ、ダンス、バトミントンバレーボール、野球(投手)、サッカー、アメフト、陸上(短距離走・長距離走)、水泳(背泳)などの選手の施術を経験しています。

人と同じ努力では人より抜きに出ることはできません。

ライバルに差をつけるには、人と違うことしなければならないのです。

夏休みのケガの予防、パフォーマンスUPのためにカラダのバランスを見直してみませんか?
スポンサーサイト

| 小児カイロプラクティック | 12:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

運動会の後、踵が痛い!

運動会シーズンですね。

この時期、運動会の練習や本番で足を痛めたというお子さんが来院されます。

特に多いのが踵の痛み。

病院に行くのですが、レントゲンで異常所見がないと何ともないと言われてしまう。

レントゲンすら撮らずに成長痛と言われてしまいうこともあり、困っている方が多いのです。

踵の痛みは腓腹筋、ふくらはぎの筋肉が原因かもしれません。

アキレス腱周辺を押すと痛みがでませんか?



過度な運動負荷によって、腓腹筋からアキレス腱にかけて筋肉の異常収縮を起こすことがあります。

この時、アキレス腱周辺や踵に痛みを感じます。

酷いと痛くて踵がつけないという事もあります。

骨に異常がないので画像所見はなく病名もつかず、保険の範囲の医療では治療できないのです。

当院は小児カイロプラクティックを得意としていおり、このようなお子さんが多く診ています。

ほとんどケースで腓腹筋を中心に下半身の緊張をリリースしてバランスを整えることで症状は軽減します。

お子さんの踵の痛みでお困りなら、港南台の小児整体【さくやまカイロプラクティック】へご相談ください。

当院の紹介【アクセス・受付時間・料金など】

| 小児カイロプラクティック | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ランドセルの大型化が招く子供の肩こり・首の痛み

近年、ランドセルが大型化しています。

ちょっと前までA4のクリアファイルが入るというのが主流でしたが、最近はA4のフラットファイルが入る大きさのものが主流になってきています。

ランドセルが大型化すると当然、重量を増えます。

さらに大きくなったことで容量も増え、なんでもランドセルに詰め込むようになります。

これがいけないのです。



1年生にはタダでさえ大きく重たいランドセル、中身を詰めすぎてさらに重くなると重心がズレ、直立できなくなってしまうのです。

まっすぐ立つと後ろに引っ張られてしまうので、バランスをとるため前傾姿勢になります。

首が前に出る首猫背になるのです。

すると何が起こるか。

筋肉の発達が未熟な6歳のカラダでは正しい骨格を維持できず、ストレートネックなどの首のトラブルを引き起こすのです。

その前兆として肩こりがあります。

小学校1年生が肩こりを訴えたら間違えなくランドセルのせいです。

姿勢が悪いからとお子さんを叱るのではなく、ランドセルの中身を見直してください。

ランドセルが小さかった頃は手提げ袋などで持ち歩いていたものまで詰め込んでいませんか?

両手が開いたほうが転倒したとき安全という意見もありますが、首を傷めてしまっては元も子もありません。

2月3月生まれやカラダの小さいお子さんの親御さんは注意してください。

もし肩こりを訴えらお子さんのカラダのケアも必要です。

当院では小児の施術実績も豊富です。

横浜で小児カイロプラクティックなら当院へご相談ください。

港南台の整体【さくやまカイロプラクティック】

| 小児カイロプラクティック | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

お子さんの背骨!曲がっていませんか?

今日・明日は卒業式の学校が多いようですね。

春休みのご予定はお決まりですか?

この時期はお子さんの姿勢や側湾症の相談が多くなります。

成長期に背骨が曲がってしまう側湾症。

原因は不明とされていますが、なぜか女の子に多く、姿勢の悪いことが原因ではとされています。

側湾症は、骨が急速に成長する時期に姿勢が悪いと骨が変形して成長していしまうので骨格そのものが歪んでしまいます。

軽度のものは経過観察となり特別な治療はありませんが、姿勢を矯正することで進行を防ぐことが出来るかもしれません。

側湾症が進行するととカラダが歪むので将来、肩こりや腰痛体質になりやすいカラダになってしまいます。

できればそうならないように対策をしたいですね。

字を書くときノートを斜めにする子は要注意です。

気になることがあれば、できるだけ早くご相談ください。

普段、学校や習い事で時間がないという方は春休みがチャンスです。

進学前にカラダのチェックもしておきたいですね。

背骨の歪みが気になったら⇒港南台の整体【さくやまカイロプラクティック】

| 小児カイロプラクティック | 18:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

春休みにカラダのバランスチェックを!

学校はもう春休みに入っているんですね。

今週は小・中学生の来院が何人かいました。

姿勢が悪いので診て欲しいという相談です。



成長期に姿勢が悪くカラダの歪みがあると、側弯症のリスクになります。

突発性側弯症は原因不明とれていますが、カイロプラクターの立場からみると姿勢が大きく関与していると考えます。

一度、骨が変形して成長してしまうと、一生もので予後はよくありません。

防げるものなら、予防はしておきたいものです。



また最近ではゲームやスマホが原因のスマホネックが急激に増えています。

今症状はなくても、筋力が低下し始める20代後半に様々症状が出てくる恐れがあります。

20代でストレートネックを拗らして手足のシビレや頭痛などで悩んでいる方は、小さいころ姿勢が悪いとよく言われたと言っています。

お子さんの姿勢が気になるなら早めの姿勢矯正をオススメします。

とは言っても素人目にはよくわからないという声も良く聞きます。

そんな方は一度カラダのバランスチェックにいらしてください。

| 小児カイロプラクティック | 16:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>