港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

バネ指

一般に腱鞘炎と言うと、先日の記事 【症例報告】産後の腱鞘炎 で紹介したドゥ・ケルバン病が有名です。

その他に「バネ指」も狭窄性腱鞘炎の一種です。

病院では「ばね指」と言われるので、「ばね指=腱鞘炎」という認識は薄いようです。

コチラは親指だけでなく中指や薬指にも発症します。

伸ばした指が戻らなくなったり、曲げた指が伸びなくなったり。

指の付け根の腱鞘が炎症を起こし肥厚することで指の動きに支障がでます。

スナッピングフィンガーとも呼ばれます。



バネ指は中年以降の女性に多いとされています。

男女差があるのは家事をこなす女性の方が手を酷使しているからかと思います。

やはり安静が第一なのですが・・・

家にいて何もしないというわけにはいかないですよね。

なのでなかなか治りません。



治療院によってはテーピングで固定したり、キネシオテープで筋繊維をサポートしたりします。

白いテーピングで固定してしまうと、日常生活に支障がでます。

当院ではキネシオテープを用いて施術をしています。

キネシオは筋肉の繊維に沿って貼付することでその繊維をサポートします。

関節を固定するテーピングと違って普段通り生活できるのが利点です。



バネ指を罹患する方は肩こりや手足に基礎疾患があることが多いです。

全身の筋肉が緊張しているということですね。

施術では前腕を中心に炎症部位に関連する筋繊維の緊張を緩和しますが、肩などの上半身、時には全身の筋バランスを整えることもあります。

ドゥ・ケルバン病同様、電気などの保険診療ではなかなか改善しないという方が相談に見えます。

バネ指・腱鞘炎でお悩みの方、是非ご相談ください。

スポンサーサイト

| 手・腕の痛み | 17:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

介護でテニス肘

介護腰痛というのはよく聞きます。

介護をしていて腰を痛めること。

先日、「職場における腰痛予防指針」で人力による抱き上げは行わせないと改定されたとか。

やはり問題になっているんですね。

でもそれは介護士さんの話。

家族の介護となるとそうはいかないですね。



腰以外で、介護によるケガとして多いと感じるのが肘。

抱き上げることはなくても起き上がらせたり、体位を変えたりって結構ありますね。

これって肘や腕には結構負担になっているんです。

やはりテニス肘と診断されるようですが、なかなか痛みが取れません。

腕が痛いと、タオルを絞れなかったり、蛇口をひねれなくなったり・・・

腰以上に何もできなくなってしまいます。

そうなる前に早めにお手入れしましょう。

| 手・腕の痛み | 16:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

テニス肘

テニス肘

正確には上腕骨外上顆炎。

テニスのバックハンドで痛めることからテニス肘と言われます。

実際にはテニス以外のことで痛めるケースがほとんどです。

上腕骨外上顆に集まる前腕の筋肉の緊張によって炎症が起こります。

パソコンなど手首を酷使するとなり易い疾病です。

反対に内上顆が痛むのは野球肘・ゴルフ肘と言われます。

重たいものを持つ人がなり易いと言われます。

こちらも前腕の筋肉が原因。



よって治療は施術による前腕の筋肉の過緊張の緩和と日常のストレッチ。

必要な場合はキネシオテープなどの施術を行います。

先日、病院でテニス肘と診断された方がいらしゃいました。

リハビリにしばらく通ったが良くならないとのこと。

この種の痛みは部位によらず、安静が第一です。

しかし手は日常の生活で常に使い続けています。

よって安静というのが困難です。

数回の施術とストレッチの指導で日常不便さは感じない程度まで回復しました。

炎症をこじらせると痛みが長引きますし、外科的処置が必要となってしまうケースもあります。

早めに治療しましょう。

| 手・腕の痛み | 16:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

手のこわばり

朝、手のこわばりがある。

病院に行くとまずはリウマチを疑われますが、血液検査をしても陰性。

そんな方はいませんか。



前腕の筋肉は指の開閉に関与しています。

腕が疲れて筋肉の緊張が強いと指の開閉がこわばるような症状が出ることがあります。

スーツケースなど重たい物を持った、

子供や孫を抱っこすることが増えたなど原因は様々。

夜間に知らず知らず力一杯こぶしを握っていたのが原因という方も。

これは、歯ぎしりをする人に多いようです。

いずれにしても、前椀の筋肉の緊張をリリースすることで症状は改善します。



リウマチは中年以降の女性に多い疾患です。

このような方は念のため検査をされるといいですね。

| 手・腕の痛み | 16:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

子供の腕がブラブラ!

子供が腕が痛いというので見てみると肘から下がブラブラした状態。

焦りますよね。

これ肘内障(ちゅうないしょう)と言います。

肘の脱臼のようなもの。

小さい子は肘にある輪状靱帯がすこし緩いのでその中に収まっている橈骨がズレ易いんです。

急に腕を引っ張りたりするとなり易いと言われていますが、遊んでいてちょっとした拍子になることも。

ズレやすいということは逆にはまり易くもあり、病院についた時にはもう治っていたなんてこともあります。

クセになり何度も外れる子もいますが、成長して骨や靱帯が頑丈になればそれもなくなります。

肘内障の相談をいただくこともあるんですが、こういう時はすぐに病院にいってくださいね。

| 手・腕の痛み | 17:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |