FC2ブログ

港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

インフルエンザ治癒後のカラダの痛み!

港南台の各小学校でインフルエンザが流行っています。

高学年の学級閉鎖が多いようですね。

さてインフルエンザになるとカラダの節々が痛むことがあります。

これはウイルスが関節包内に侵入し炎症を起こすからです。

体内のウイルスが減少し咳・熱などの症状が軽減すれば関節の痛みも治まります。

しかし、インフルエンザ治癒後にカラダを鈍い痛みが襲うことがあります。

これは筋肉の痛み!

数日間床に伏せっていると筋肉はほとんど使われていません。

筋肉は動かしていないと硬くなる性質があります。

この筋肉の過緊張が痛みの原因です。

朝起きた時、全身がカチカチ、鈍い痛みを感じるという経験はありませんか?

数日間寝ていたことで通常よりも筋肉の緊張が強く、余計に痛みを感じやすくなっているのです。

そのうち治る?そうかもしませんが油断は禁物です。

過緊張を起こした筋繊維はちょっとした動作で傷つき炎症を起こしてまうことがあるのです。

特に注意が必要なのは腰!軽いぎっくり腰ですね。

そうなってしまうと予後は悪く、しばらく腰痛とお付き合いしなければなりません。

インフルエンザが治ったら、カイロプラクティックで腰痛予防!
スポンサーサイト

| カラダのトリビア | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

骨抜き?ザルとも言える受動喫煙対策

厚生労働省が見直しをしてる受動喫煙対策!

9割の店舗で喫煙が可能になるのではただのザルですね。

ファミレスなどは禁煙になるようですが、すでに企業側は分煙から完全禁煙に舵をとっているので、仮にこの案が施行されても現状は何も変わらないということになりそうです。

中国やブラジルでさえ、たばこのないオリンピックを成功させているのに・・・

これがしがらみというやつですかね。

国にやる気がないのなら、小池都知事にがんばってもらいましょう。



かつてたばこ会社は喫煙と健康被害に因果関係はないと言い切っていました。

しかし、様々なエビデンス(科学的根拠)が明らかになり、喫煙者本人だけでなく受動喫煙(セカンドハンドスモーク)、さらには服や髪についた有害物質の微粒子(サードハンドスモーク)が健康に悪影響を及ぼすこともわかってきました。

つまり、たばこの臭いをプンプンさせている人は、有害物質を振りまいて歩いているのです。

化学テロと言ってもよいでしょう。

健康な人なら不快に感じるだけかもしれませんが、喘息などの持病のある方、臭いや化学物質に敏感な体質の方には大変な問題です。

さらに、サードハンドスモークは流産や乳幼児突然死のリスクとしても報告されています。

神奈川ではすでに受動喫煙に関する条例が施行されていますが、こういった方々にとってもはそれでも不十分です。

喫煙可能な店には行かなければよいのですが、店先や路上で吸われてしまっては逃げ場がありません。

開発途上といわれるような東南アジアの国でも路上は禁煙になっている国もあります。

屋内禁煙だけでなく路上・歩行喫煙も制限するものでないと、また路上喫煙者の低いモラルを考えると罰則を伴ったものでないと完全な受動喫煙対策になりませんね。

しがらみをなくして早く実現してほしいものです。

| カラダのトリビア | 14:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

アニサキスかなと思ったら!自分できる対策は?

最近、アニサキスによる食中毒の被害がよくニュースになりますね。

当院のクライアントさんでもアニサキスの被害にあった方がいらっしゃいました。

その方に聞いた話なのですが、アニサキスには正露丸が効くというのです。



正露丸がむし歯に効くというウソのような話がありますが、これは実際に「効能・効果」に「むし歯痛」と書かれています。

これは正露丸の主成分である木クレオソートが神経を麻痺させて痛みを軽減するそうです。

むし歯そのものが治るわけではないのと、ケースによっては痛みが悪化することがあるそうなので、注意が必要とのことです。



さて、アニサキスに対しては「効能・効果」には記載がありませんが、検索すると論文がヒットします。

木クレオソートが用量依存的にアニサキスの活性を低下させるというのです。

むし歯と同様にアニサキスの神経を麻痺させるのでしょうか?

アニサキスは病院へ行くと、内視鏡で除去します。

この時も動き回るアニサキスを弱らせて捕まえやすくするため、正露丸の薄めた液を使うことがあるそうです。

生魚を食べる機会の多い漁師の間では周知の事実でみんな正露丸を飲んでいるとも聞きます。

「効能・効果」に記載がないのでメディアでは取り上げることができないのかも知れません。

いづれにしてもお腹が痛いわけですから、とりあえず正露丸を飲めということですかね。

ここで疑問が、はたして糖衣錠でも効果があるのでしょうか?

| カラダのトリビア | 16:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

喫煙者に就職が難しくなる傾向、米研究

ある米国の研究で「喫煙者は就職が難しく、収入も少ない傾向」という記事がありました。

そんな調査をしなくても、喫煙と所得そして民度に相関関係があることはなんとなく感じている方も多いと思います。

論文では求職者の禁煙を支援する情報源にと訴えていますが、はたしてそうでしょうか・・・



確かに喫煙者は採用しないという企業は増えています。

しかし、禁煙したからといって就職しやすくなるとは思えません。

ある脳科学者の話だと、ニコチンなどの薬物に手を出し安易に快楽を得ようとする人は、努力して何かを成し遂げる、スキルアップするといったことはあまりしないそうです。

企業の欲するような能力・資質・スキルを持っていないので就職が難しいというのが本当のところではないでしょうか。



とは言え、喫煙はカラダに良くありません。

最近は喫煙者本人だけでなく、周辺の人への健康被害も注目されています。

就職のためではなく、自身や家族の健康のためにもヤメたほうがいいですね。

| カラダのトリビア | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

風邪の後のカラダの痛み

風邪が流行っています。

神奈川県はインフルエンザも大流行しているようです。

港南台周辺も学級閉鎖が出ている学校もあるようです。



さてインフルエンザに罹ると節々が痛くなるというのは良く聞きます。

これは関節包内にウイルスが侵入し炎症を起こすから。

ウイルスの減少と共に症状も改善します。

これとは別に風邪やインフルエンザの後、カラダが痛くなることがあります。

これは寒さでカラダが硬くなっていることに加え、風邪で寝込んでしまうと筋肉が極度に緊張してしまい痛むからです。

筋肉は使われていないと硬くなる性質があります。

飛行機や車などに乗って長時間同じ姿勢でいると痛くなることがありますよね。

床に臥して一日中寝ているとカラダが硬くなってしまうのです。

この状態を放置すると寝違えやギックリ腰なんてことも。

実際、風邪の後に首や腰を痛めて来院される方が多くいらっしゃいます。

風邪などで寝込むことがあったら、改善後カラダのお手入れをしましょう。

| カラダのトリビア | 09:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>