FC2ブログ

港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

テレワークで膝痛とO脚になる!?

テレワークで通勤がなくなりほとんど歩いていない、そんな方も少なくないと思います。

運動していないのに膝が痛いなんてことはないですか?

まず鏡の前でご自身の膝を見てみてください。

きおつけの姿勢で両膝が離れていまませんか?

離れていたらO脚です。

そして膝の痛みはO脚が原因です。



運動不足になると下半身の筋力が落ちるので股関節の位置がズレ、O脚になります。

ケースとして多いのは妊婦さん。

切迫傾向で安静を支持され、1か月近く寝たきりの生活をしていると、筋力が極端に落ち、O脚になります。

そのような方は産後の骨盤矯正といっしょにO脚矯正をします。

寝たきりといは行かないまでも、家から一歩も外に出ずに生活をしていると下半身の筋肉はどんどん落ちてO脚になってもおかしくありません。



対策としては運動をすること。

理想は1日8000歩の歩行です。

距離にして5~6キロ、時間にして1時間ちょっとです。

買い物程度ではやはり運動量が少ないと言えます。

すでに膝が痛くなってしまった方は、膝の治療とO脚矯正から始めましょう。

O脚は見た目も悪いですが、膝の負担になるので将来、膝軟骨がすり減って変形性膝関節症になるリスクが高まります。

見た目だけの問題ではないのです。

変形性膝関節症のなると、日常生活もかなりの制約を受けるので豊かな老後とはいかなくなります。

コロナのせいで、膝を患い、一生を棒に振るなんてことのないように、膝を含めた足腰のケアを行ってください。
スポンサーサイト



| O脚矯正 | 17:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

増える!男性のO脚矯正

O脚矯正というと、以前は相談を受けるのはほとんど女性の方でした。

やはり見た目が気になると言うのがその理由。

最近、男性のO脚矯正での来院が増えています。

患者背景で多いのはラン・バイク・ウォーキングなどをされている方。

実際、膝や股関節にトラブルを抱えているケースが多く、その治療と合わせて原因となっているO脚も治したいと来院されます。

膝の治療だけしても、原因であるO脚がそのままなら再発は必至です。

膝痛の治療をしている治療院はたくさんあります。

が、O脚矯正ができる専門家は少ないようでかなり遠方からも施術にいらしています。

あなたの足は大丈夫ですか?

心配ならまずはコチラでセルフチェックしてみてください。
http://www.geocities.jp/sakuyama_chiro/okyaku.html

| O脚矯正 | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【症例報告】O脚でセカンドオピニオンを求められた一例

患者は30代女性。

他整体院にてO脚の矯正中。

1年間通院したが全く改善せず、セカンドオピニオンを求めて来院。

当院のホームページを見て矯正不可なタイプ(構造的なO脚)ではないかと疑いを持ったとのこと。



カウンセリングの結果、重度のO脚で左右の大腿骨内側顆間の距離は8cm。

股関節の内旋はそれ程酷くはなく構造的O脚(矯正不可)の要素が大きい。

しかし、意識的に膝関節を外旋回することで、大腿骨内側顆間の距離は4cmまで減少することから、この程度までは矯正が可能であると判断。

その旨を伝えると当院での施術を希望され、どのくらいで矯正できるかとの質問があった。

私の経験から2~3回の施術で改善がなければそれ以上の施術は無意味である。

あきらかに矯正不可な構造的O脚の場合は初回のカウンセリングでその旨を伝える。

今回のケースのような構造的O脚(矯正不可)と姿勢的O脚(矯正可能)が混合するグレーなタイプの場合は2~3回の施術の後に評価をする。



本症例では初回の施術で改善傾向が見られ、大腿骨内側顆間の距離が5cm程度まで改善した。

後はその状態を固定化するために数回の施術が必要となるため、現在通院中である。

その後大腿骨内側顆間は4cmまで改善している。



当院ではO脚矯正の施術でゴムチューブを用いる。

股関節を外旋させ、膝の位置を正面にした状態でチューブで固定する。

股関節や膝を正しい状態にしてチュービングすることが重要である。

この方の場合、以前通院していた整体院では単に紐を足に結んでいただけだという。

股関節や膝の位置が間違った状態で紐で結んでも意味がない。



今回のケースでは構造的な要因もあったため、足が完全に着く状態には至っていない。

が、O脚が膝に与える負担を考えると矯正した臨床的意義は大きい。



【院長コメント】
O脚は見た目だけの問題ではありません。

O脚は膝の軟骨に負担を掛けるので、変形性膝関節症になるリスクが高くなります。

年齢が高くなると矯正も難しくなりますので、早期の矯正をオススメします。

| O脚矯正 | 12:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

O脚矯正をやっている整体は少ない

梅雨の入りのころは肩こりや頭痛などの自律神経系の症状を訴える方が多かったのですが、最近少し落ち着いてきました。

それと入れ替わるように問い合わせが増えているのがO脚矯正

足元の露出が増えるこれからの時期、気になっている方が多いのですね。



先日O脚矯正にいらした方がこんなことを言ってました。

「骨盤矯正はあちこちの整体やリラクゼーション屋さんでもやってるけど、O脚矯正となると探してもそんなにないんですね。」

確かにそうかもしれません。

整体院はたくさんあるのにO脚矯正で看板を出している所は多くはないと思います。

O脚は素人目にも結果がはっきり分かるのでごまかしが効きません。

結果の出せる先生しかやっていないということですね。



O脚はその程度・年齢によって必要な施術回数はまちまちです。

今年の夏、まだ間に合うかも!

気になったらお早めにご相談ください。



O脚でお悩みの方は ⇒ 港南台の整体【さくやまカイロプラクティック】へ

| O脚矯正 | 12:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

春休みにO脚矯正

3月になりましたが、まだまだ寒いですね。

雪かきで腰が痛いなんて方もいるのではないでしょうか?

早めにお手入れしてくださいね。



さてこの時期に増えるのがO脚矯正耳ツボダイエット

新生活に向けて「自分磨き」というわけですね。

2月中ごろから問い合わせが増えています。

4月からの新生活に向けて今からはじめませんか?

O脚矯正は短期集中が成功のカギ。

進学や就職前のこの時期、春休みを利用して一気に矯正しましょう。

| O脚矯正 | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>