港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

タワーマンションと自律神経失調

ロンドンのタワーマンション火災、怖いですね。

テロかと思いましたが、原因は冷蔵庫の爆発とか。

武蔵小杉のタワーマンションから通院されている方がいらっしゃるのですが、怖くなって問い合わせをしたそうです。

日本のタワーマンションは防火基準が厳しいので、通常ならロンドンのような火災は起こり得ないという返答だったとか。

通常ならというのは、だれかが悪意をもってテロのようなことを行えば起こりうるということなのかもしれないと怖がっていました。

一見快適そうに見えるタワーマンションですが、震災時の停電でウィークポイントが浮き彫りになりました。

停電になるとポンプが止まるので水も止まります。

エレベーターも止まるので生活に必要な水は、階段を上って持ち込まなければなりません。



実はタワーマンションでの高所の生活はヒトのカラダにも少なからず悪影響を及ぼすと言われています。

頭痛や眩暈といった自律神経失調のほか、うつや気分の落ち込みなど情緒不安定になりやすいそうです。

体感できない程の小さな揺れが原因で自律神経が乱れるのではないかと言われています。

自律神経が乱れると筋肉は過緊張の状態になり肩こりや頭痛・眩暈を引き起こします。

筋肉が正常でないと姿勢も崩れ猫背になり、このような症状を悪化させます。

カイロプラクティックなら筋肉の過緊張を取り除くだけでなく、歪んだ骨格も矯正できます。

上大岡や新杉田のタワーマンションにお住まいの方、高層階にあるオフィスで働いている方、肩こり、頭痛、眩暈が酷いようなら一度カイロプラクティックでカラダのバランスを見直してみませんか?

当院の紹介【アクセス・受付時間・料金など】
スポンサーサイト

| 自律神経 | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

台風が来ると頭痛になる・・・対策は?

台風13号が近づいています。

こんな時、頭痛が酷くなるという方はいませんか?

それは自律神経の乱れからくる頭痛です。

最近では気象病とも呼ばれます。



自律神経が乱れカラダの緊張が酷いと、ちょっとした環境の変化で様々な症状を引き起こします。

台風の接近で短時間で気圧が急激に変化します。

また雨がふり湿度が上がることで発汗による体温調整が難しくなります。

このようなちょっとした環境の変化が引き金となって頭痛を引き起こします。

自律神経が乱れ、カラダの緊張がギリギリまで高まってしまった人は、環境の変化に弱いのです。

いわゆる「頭痛持ち」と言われるような体質になってしまいます。



ではどうしたら良いのでしょうか?

カイロプラクティックでカラダのバランスを整えましょう!

交感神経の働きが過剰になっているとカラダは軽い緊張状態になります。

この状態が続くと筋肉は過緊張を起こし、様々な症状を呈します。

さらに、緊張した筋肉はさらに交感神経を刺激して症状を悪化させる悪循環に陥ります。

カイロプラクティックでは筋肉の過緊張をリリースすることでカラダの緊張を解きほぐし、この悪循環を断ち切ります。

一定期間続けることで体質が変わり、少しくらいの環境変化では頭痛が起こらなくなります。

体質改善ができたということです。

すでに頭痛がするという方も、施術によって症状が軽減しますので辛いようなら早くいらしてください。

横浜で台風頭痛の対策なら!港南台の整体【さくやまカイロプラクティック】
http://www.geocities.jp/sakuyama_chiro/index.html

| 自律神経 | 12:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

自律神経失調症と言われたら、どこに行けばよいの?

自律神経の乱れからくる症状は実に様々。

代表的なところで頭痛・めまい・耳鳴りなど頭部の症状。

吐気・食欲不振・胃腸障害・便秘・軟便といった消化器症状。

酷い肩こりや背部痛、腰痛、手足のシビレといった整形外科的症状。

その他にも倦怠感・多汗・不眠といった全身症状があります。

症状に応じて一般内科や耳鼻科・整形外科を受診していろいろな検査をしても、特に異常は認められません。

自律神経失調症と診断され「なんともないです。様子を見ましょう。」となってしまいます。

かといって放置して重症化すると、イライラ・不安・情緒不安定・うつなどの精神症状を伴なうことがあります。

この段階まで来てしまうと、心療内科の受診をすすめられ、抗不安薬や抗うつ剤での薬物治療となります。

こうはなりたくないですね。



ではどうしたら良いのでしょうか?

一般的には生活習慣を改善するよう指導されます。

十分な睡眠や休息、バランスの取れた食事、趣味などの息抜きなどです。

自律神経が乱れる原因は過労やストレスにあります。

そこを改善しようというのは当然の事です。

では今日から残業を止めて、夜7時には家で夕食、その後は余暇を楽しみ、11時には就寝なんて生活ができるでしょうか?

ほとんどの方が出来ないと思います。

そんな方に試してもらいたいのがカイロプラクティックです。



自律神経は交感神経と副交感神経からなります。

ストレスや過労で交感神経が優位になるとカラダは緊張状態になります。

この状態が継続すると筋肉は硬くなり、硬くなった筋肉はさらに交感神経を刺激します。

悪循環に陥るわけです。

カイロプラクティックで筋肉の緊張をリリースし骨格などカラダのバランスを整えることでこの悪循環を断ち切ります。

定期的に施術を続けることで体質が変わり、体調が整っていきます。

「うつ」になってからでは手遅れです。

過労やストレスから来る自律神経のトラブルでお悩みの方、カイロプラクティックで体調管理をはじめませんか?

横浜で自律神経を整えるなら、港南台の整体【さくやまカイロプラクティック】へ
http://www.geocities.jp/sakuyama_chiro/index.html

| 自律神経 | 14:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

過労と気象病

今週は平日も予約が混み合いました。

ご希望の日時にご予約がとれなった方、ご迷惑おかけしました。

連休明けで疲れが溜まっていたり、

昼夜の気温差・台風など気候の変化で体調を崩された方が多いようです。

特に、頭痛・めまい・嘔気・不眠や首・背中の筋を痛めた方が多くいらっしゃいました。

自律神経由来の症状ですね。



開業した10年前と比べると、気候の変化がトリガーとなって症状を呈する方が増えているように感じます。

気象病が提唱されたことからも分かります。

自律神経が不安定になり、環境の変化に敏感になったということです。

最大の原因はストレス。

特に長時間労働などの過労ではないでしょうか。



数年前から地上波でのナイター中継が少なくなっています。

野球人気に陰りが・・・なんて言われていますが、

要は、夜7時に家でビールを飲みながら野球観戦できるお父さんがどれだけいるかと言うことではないでしょうか。

夜7時は会社にいて当たり前、ナイターがやっている時間には家には帰れない。

それだけ夜遅くまで残業している人が多いということです。

たまには早く帰ってカラダを休めましょう。

また症状が出る前にカラダのお手入れをすることも大切です。

来週は平日の予約状況に余裕がございます。

週末の予約状況はホームページ上でご案内しています。

予約はお早めに!

| 自律神経 | 19:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【症例報告】気象病と診断された喘息

患者は30代女性。

喘息の発作で医療機関を受診したところ気象病と診断された。

気象病は最近認知されてきた病気で、気候の変動に伴いなど様々な症状を呈するものをいう。

本症例も低気圧の接近にともない喘息が悪化したケースである。

他に筋緊張型頭痛を併発していた。



以前は自律神経失調症とされてきたものも、気候変動と関連しているものは気象病とされる。

自律神経を整えたいとカイロプラクティックを選択、当院に来院した。

カイロプラクターの視点から見ると、気候変動に伴い、自律神経が乱れ、交感神経優位な状態が全身の筋緊張を招き様々な症状を引き起こす。



施術前のチェックでは咳が原因で背部・胸部の筋緊張を認めた。

肩~首にかけても緊張があり、これが頭痛の原因と考える。

施術は頚部~腰部、大胸筋・鎖骨下筋の筋緊張およびトリガーポイントのリリース、

頚椎・胸椎・腰椎の関節手技を行った。

比較的大きい筋肉群である臀部~下肢にかけても特に症状はないが全身のバランスを整えるため施術を行った。

下半身の大きな筋肉群の緊張を放置すると、上半身の緊張も取れにくいからである。

1週間後の再来時、咳も落ち着き頭痛も消失していた。

以後はメンテナンスのため定期的な施術を勧めた。



気象病の症状には頭痛・めまい・ふらつき・不眠・精神の不安定などがある。

リウマチ・神経痛・気管支喘息など持病の悪化も知られている。

疲労やストレスなどがそのトリガーになることもある。

対策としては自律神経を整えること。

規則正しい生活で十分な休養と睡眠をとることも大事。

しかし現代社会において普段十分な休息をとれている人は極わずか。

疲労やストレスがない人も少ない。

こういった社会環境が気象病を生みだした原因とも考えられる。

普段忙しい人ほど定期的に施術を受け、自律神経のバランスをとり体調を整えることが必要である。



【+ひとこと】
最近、気象病と診断された方が増えています。

臨床の現場でも気象病が認知されてきているようです。

とはいっても、気候変動は自分で避けることはできません。

普段の体調管理が大切です。

カイロプラクティックでカラダのバランスを整えましょう。


| 自律神経 | 17:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>