港南台の小さな整体院

港南台の整体・カイロプラクティック専門院。家族で営む小さな整体です。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

港南台で急性腰痛・ぎっくり腰なら!

年末のこの時期、急性腰痛・ぎっくり腰で来院が多くあります。

今年もたくさんいらっしゃいますね。

季節の変わり目で体調を崩しやすいのに加え、仕事も忙しい、年末の大掃除などと悪条件が重なります。

ぎっくり腰は初期の処置が大切!

それによって予後を大きく変わります。

むやみにほぐしたり、揉んだりすると炎症物質が拡散して返って悪化してしまいます。

腰痛には椎間板由来のものと、筋・筋膜由来のもの、神経由来のものがあります。原因によって施術の内容も異なりますので専門性が高い分野です。

治療院選びは大切ですね。

港南台でぎっくり腰でお悩みなら腰痛のスペシャリストのカイロプラクターにお任せください。

港南台でぎっくり腰でお悩みなら⇒港南台の整体【さくやまカイロプラクティック】

年末は29日(木)まで営業しています!
スポンサーサイト

| 腰痛 | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

連休疲れの腰痛に注意!

長かったGWも今日で終わり。

こういった大型連休の後は腰痛での来院が増えます。

帰省や旅行で長時間同じ姿勢で座りっぱなし、遊びに来た孫の面倒をみた疲れ、普段運動をしていない人はレジャーでの筋肉疲労などが原因。

明日からから仕事、でも腰の調子がどうもおかしい・・・なんて方はいませんか?

拗らせるとギックリ腰に・・・なんてこともありますので、放置せず早めの対処を。



現在、平日の夕方以降は比較的予約が取り易い状態です。

会社帰りに連休の疲れをとりにいらっしゃいませんか?

働くママさん!保育園もお迎えの後、お子様連れでの来院も歓迎です。

会社帰りに腰痛ケア!港南台の整体【さくやまカイロプラクティック】

| 腰痛 | 11:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【症例報告】入浴で悪化した急性腰痛

クライアントは40代男性。

慢性的な腰痛で悩む腰痛持ち。

年2~3回のペースで急性腰痛、所謂ギックリ腰になるとのこと。

今回も軽作業の後、強い痛みに襲われた。

帰宅後痛みを和らげようと入浴。

しかし入浴中に症状が悪化して介助なしでは歩行できない状態になり電話で相談があった。

その日は安静にしてアイシングをするように指導し、翌日の来院となった。



家族が付き添い来院し、自力では歩行困難な状態であった。

施術まえの検査では、痛みのため腰が曲がり直立は不可、

屈曲・伸展・側屈すべての方向で可動域はほぼゼロの状態である。

起立筋・腰方形筋に筋スパズム(過緊張)を認めた。

SLR検査は陰性でヘルニアの疑いはない。

施術はアイシングをしながら、患部周辺の筋緊張の緩和と腰椎のアジャストを行った。

また大腿四頭筋・ハムストリング・臀筋に複数のトリガーポイントがありこれをリリースした。



術後、直立が可能となり、全ての方向で可動域が拡張した。

おそらく筋硬直が強く腰椎の前彎が消失していたが、腰椎のアジャスト(カイロプラクティック的手技)によりコレが回復したと思えわれる。

介助なしでの歩行も可能となった。

発症から50時間内での施術なので、血行促進による炎症物質の拡散が懸念される。

それによる揉み返しの可能性があるので自宅でのアイシングは継続してもらう。

2日後の再来時、揉み返しはあったが全体的にはラクになったとのこと。

痛みが完全に消失するまで集中して施術を受けるよう指導し、加療中である。



【+ひとこと】
今回のケースでは急性期で炎症が起こっているにも関わらず、入浴して血行を促進してしまいました。

結果、炎症物質が拡散し一時的に痛みが強くなってしまうことに。

そのため、自立歩行ができなくなりました。

慢性的な腰痛には入浴が効果的ですが、ギックリ腰の時は温めてはダメ。

冷やすのが基本です。

さらに言うと、年2~3回、ギックリ腰になるということはカラダはもう悲鳴を上げています。

定期的なカラダのお手入れが必要ですね。

| 腰痛 | 11:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

運動会で腰痛に!

今年も運動会のシーズンがやってきました。

親子競技や保護者参加競技で張り切り過ぎて腰が痛くありませんか?

直後はなんともなくても、2~3時間して痛み出すケースもあります。

違和感を感じたらすぐにストレッチを!

初期対応によって予後が変わります。

それでも痛みが引かない場合は傷が深いということ、すぐに施術にいらしてください。



翌朝、起き上がれない程痛みがあるなら患部をアイシングして1~2日は安静に。

炎症が治まってから施術を受けたほうが良いでしょう。

痛みが出る場所がピンポイントでなく広範囲であったり、どこだかわからないが全体的に痛いということがあります。

この場合、腰だけでなく臀部やハムストリングにもダメージがあります。

臀筋にあるトリガーポイントからの関連痛です。

こうなったってしまったらセルフケアでは限界があります。

専門家の治療を受けましょう。

本当は、そうならないように日頃の運動と定期的な筋肉のメンテナンスが大切です。

| 腰痛 | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【症例報告】30分フィットネスで腰痛が悪化した一例

クライアントは50代女性。

慢性的な腰痛で悩み30分フィットネスの一日体験を受ける。

それ以前の運動経歴はほとんどない。

体験を受けた当日の夜から腰に激しい痛みを感じ2日後に来院。

痛みは以前の慢性的な鈍い痛みではなく炎症性の急性期の症状であった。

来院時、立位でも腰に痛みを感じ、いずれの方向にも動かすことは不可であった。

検査の結果、左右の腰部に過度の筋スパズム(筋緊張)を認めた。

急性の筋・筋膜性腰痛と思われる。



発症から2日が経過しているのでアイシングを併用しながらトリガーポイントのリリース(緊張部位の緩和)を施す。

腰椎の関節の手技も加えて行った。

術後、立位での痛みは消失し、腰を動かすこともわずかにできるようになった。

その後2回の施術で日常での症状は消失、可動域も回復した。

本症例は長年運動をしていない筋肉に急に負荷をかけたことで、筋繊維にダメージが生じ急性腰痛に至ったと考えられる。

運動は腰痛の予防にはなるが、すでに症状がある場合は悪化の原因になりうる。

腰痛の症状がある場合はフィットネスクラブではなく治療院に行くべきである。



【+ひとこと】
フィットネスクラブに通う事は悪いことではありません。

しかし長年運動をしていなかったカラダでいきなりマシンを使ったら・・・

筋肉を痛めてしまうリスクがあると言う事です。

これから運動を始めようと言う中高年の方、

運動負荷を掛ける前に、カイロプラクティックでカラダのお手入れをオススメします。

| 腰痛 | 16:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>